ヨノナカ実習室 実習予告と記録

調理実習や木工実習のように、対話や表現や交流の実習を行う場所「ヨノナカ実習室」の、実習予定や記録をお知らせするページです

「何だったんだ2020」参加者募集中!5/25・31・6/1・22

f:id:yononaka-jsh:20210506172610j:plain

2020年を振り返ることなく2021年の夏を迎えて
ちょっと正直ゾッとしてる人のための

「なんだったんだ2020」

わたしたちの『デカメロンR2』を作る会

 

2020年のカレンダーに

自分の2020年を書きとめることで、

気を落ち着けよう

という会です。

 

手帳・スマホなど

2020年の自分の動きが復元出来るものを

ご準備ください。

 

[6月までのスケジュール] 
5/25(火)

5/31(月)

6/1(火)

6/22(火)

 

17時~21時
 【途中参加、途中退場OK】

 

※オンライン + オフライン
  (最少催行人数 2名)

参加費 500円

要 事前申込み

 

連絡先
⇒ヨノナカ実習室(担当スミ) wassignol.297@gmail.com
①お名前
②連絡先
③参加方法(オンライン/オフライン)
④参加予定日時(〇月〇日〇時~○時)
⑤カレンダー準備(要/不要)

 

 

楽しかった「オンラインこいのぼり2020」  立夏に

一年前、お天気よかったですね

こいのぼりが楽しそうでした

 

いろいろ不安が重なってヨロヨロしていた時期に

多くのみなさんが参加して下さって

元気をいただきました

youtu.be

作品の紹介はこちらから

オンラインこいのぼり 作品紹介! - ヨノナカ実習室 実習予告と記録 (hatenablog.com)

 

 

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

 

今年も立夏を迎えました

よいことが積み重なりますように

 

f:id:yononaka-jsh:20200424000144j:plain
f:id:yononaka-jsh:20200405181755j:plain
昨年のちらしです



 

 

 

 

 

国語の時間に居眠りこいてた人のための読書会『日本語のために』④「現代語の語彙と文体」5/15 参加者募集中

f:id:yononaka-jsh:20210426085532j:plain

いよいよ第四回は、ハムレットの名場面が6作の翻訳で登場です。

当日、誰の役を演じるか、たのしく妄想しておいてください。

 

詳細は、ヨノナカ実習室までお問合せください

 

 

第八章「現代語の語彙と文体」目次

 辞書の言葉
 ハムレット
   坪内逍遥

   木下順二

   福田恆存

   小田島雄志

   松岡和子 訳

   岡田利規

 

 

 

「国語の時間に居眠りこいてた人」のための読書会2021 第8章

5月15日(土)14時~16

オンラインとオフライン(若干名) 

要・実費+事前申込み

テキスト

 『日本語のために』(河出書房新社

  池澤夏樹個人編集 日本文学全集30

www.kawade.co.jp

 

 

詳細については、下記まで

ヨノナカ実習室(担当スミ)

Mail ⇒ wassignol.297@gmail.com

 

yononaka-jsh.hatenablog.com

 

yononaka-jsh.hatenablog.com

無責任対義語「建築の対義語としての耕耘」

f:id:yononaka-jsh:20210414014757j:plain

築く(きずく・つく)

 土や石を積み重ね、固めてつくる

 

 

耕す(たがやす)田返す

 作物を植え付けるために、田畑をすき返して、土を柔らかにする

耘る(くさぎる)

 除草する

 

 

S市のインターチェンジ付近の土地を、工業誘致したくても出来ない、なぜなら農業用地として何十年も前に〇億円かけて用水整備や土地整備をしたから。そのおかげでアスファルトでもコンクリートでもなく、一面の田んぼであるためにジャンボタニシスクミリンゴガイ)もたくさんいる。

 

アスファルトとかセメントやってしまうと、「耕すこと」が難しくなるだろうと思う。しかし、土の道は車では走りづらい。

 

このあいだふと、

耕すことが出来ない建築は、慎重に行うべきではないかと思った

 

 

こんな話を聞いた。

シュタイナー教育とやらでは、子どもたちが丸太の家を建てる。しかも最終的にはその家を分解して、地面を元通りに戻して、終わる。

 

最後のことまで考えるということの大切さを忘れていた。

 

 

岡山市民会館

新しいホール

岡山城

岡山市庁舎

 

建物や施設の寿命と、その後のことを考えていなかったから、あるいは予想と異なる展開になったから、今いろいろ困ってるように見える。

 

福島第一原子力発電所の、多核種除去設備等処理水にはどうしてもトリチウムが含まれてしまう。量が増えすぎて困っているという。

 

マイクロプラスチックごみを前島に拾いに行く活動についていったら、マイクロプラスチックごみは、全長2ミリの小ささだった。40年前のプラごみが、小さくなって拾えなくなったやつのことだった。とてもじゃないが、回収できると思えなかった。

 

それなら、今の時点で拾えるゴミくらいは拾うべきだ。

むしろ、海に捨てない方がいい。

 

 

ドラえもんが登場する未来の技術が、きっと解決してくれる

思おうともしたのだけれど

それではダメなんじゃないかしら

 

 

「地面を固める」と「地面を柔らかにする」は対義語だと思う

行き来できる対義語と、一方的な変化を示す対義語では、とりかえしのつかなさが違いすぎる。

 

 

yononaka-jsh.hatenablog.com

f:id:yononaka-jsh:20200405181755j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

無責任オファーの会「再利用プラスチックやらビニールの紙粘土マシンの発明」

f:id:yononaka-jsh:20210410234409j:plain

こういうのを、だれか発明してませんか?

 

 

現在、大量に使用している、レジのビニールとか、仕切り板とか、フェイスシールドとか、テイクアウトのスプーンとか器とか、不織布マスクとか、を、こういう、コーヒー豆をひくやつみたいな手回しの道具でグルグル回して細かくなったのを、熱してムニュ~と出口から、粘土みたいにひり出して、 それでコップとか、バケツとか、ヘルメットとか作って再利用できるような道具が、どこかにないでしょうか?

 

 

全コンビニの、全レジの、全ビニールシートが、いつか、ゴミと呼ばれるかもしれません。

 

大きな工場にもっていかなくても、手近な所で、できないものでしょうか。

 

 

今日も路上で不織布マスクを発見しました。

拾うことが出来ずに帰宅したことを正直に告白します。

まずは、この辺からでしょうか。

f:id:yononaka-jsh:20210410235639j:plain



使用済みマスクを消毒して、アート作品にしていた人に続きたいものである。

 

f:id:yononaka-jsh:20200405181755j:plain

 

 

 

 

 

 

てんでまんで読書会『ぼくのおじさん』アーノルド・ローベル/三木卓

f:id:yononaka-jsh:20210409120310j:plain

 

home18okayama.hatenablog.com

 

HOME18岡山のブログの記事です

こちらの記事は、18トリソミーって何?という方、

医療的ケア児?よく知らない、という方にこそ、

ぜひ読んでいただきたいのです

 

 

 

そして折しも

こんなイベントもスロウな本屋さんにて! 

slowbooks.jp

 

 

HOME18岡山については、こちらをどうぞ

home18okayama.hatenablog.com

 

第三回もお楽しみに!