ヨノナカ実習室 実習予告と記録

調理実習や木工実習のように、対話や表現や交流の実習を行う場所「ヨノナカ実習室」の、実習予定や記録をお知らせするページです

魚っ猪おどろきの宝は足元にある備前市について勝手に真剣に考えてみた!9/15★パブコメ報告

パブコメ大喜利、今回は大きく2題やりました!

 

大喜利 その壱 「利害関係をこねくりまわす」

「隣の家の晩御飯に、ちょっと御意見を言っちゃうこと、どう思う?」
隠れテーマは「他の町の人が、自分の町のことに意見を言ってくること、どう思う?」

 

・「お隣が、ウナギの日には、ウナギの匂いで御飯一杯食べるでしょ」
 地面は繋がっている!

 

・「絶対自分では作らないものを作ることになってしまったが、これが意外においしかったりする」
 自分たちだからこそわかること、よその視点だからわかることがある。

 

・「部外者が意見を言ってくるんじゃねーよ」対策は・・・

 ズバリ「いい意見を出す!」

 

オススメしてくれた人には「美味しかったわー」とお伝えする、ことしかできない。意見を言ってくれた本人は、その美味しいものを食べられない。

だから、SNSに投稿しちゃう」。意見をいった人は見てないかもしれないけど。

 

 


ということで、部外者?関係者?の境界をまたいだ形で「利害関係」をこねくり回してみました。
大喜利の中でも、ちょびっとずつ視点が違うことがわかります。パブコメで大切な「見落としてる視点を見つける」ことに繋がるので、自分が直接関わらない地域のパブコメも、ナイスな意見を皆で考えることは何かの役に立つにちがいない、と意を強くしました。

 

というのも、この期のパブコメはこちら。f:id:yononaka-jsh:20210923224629j:plain

多数決ではないとはいえ、が気になります。

隣の家の晩ご飯を、ちょっと気にしてみたりしてみようかなあ。

 

 

さて、この日に募集があった県内のパブコメはこちら。

f:id:yononaka-jsh:20210923224925j:plain

★ムーブメントを感じるシリーズ

「無電柱化」

「教育大綱の筆文字」

「地域に引き留める過疎化対策」

f:id:yononaka-jsh:20210923225318j:plain

「無」電柱化がテーマのフォトコンテスト

「無」がテーマという斬新さです。

 

f:id:yononaka-jsh:20210923231021j:plain
f:id:yononaka-jsh:20210923231007j:plain
f:id:yononaka-jsh:20210923230954j:plain

教育大綱は、行政の長が策定(教育委員会ではなく)

なぜか下調べの時に、筆文字に出くわすことが多かったのが印象的でした。

参加者の方からは、先生のやることが増えたり、バランスを取るのが苦手な生徒が困ることが増えたりすることを心配する声がありました。

 

大喜利 その弐 

備前市教育大綱の表紙コピー」

こんなすてきなものがあるのねという驚きのあるまち

 

・「わたしが備前市をつくる」 という子ども達をつくる

 

・「みんな市長」

 

・「魚っ猪おどろきの町」 *魚(うぉ) 猪(と)

 

・「宝は足元にある」

 

・「備前焼をもっと身近にしたい」

 

あんなに限られた時間で、皆さん一所懸命考えておられたのが印象的でした。そして御覧の通りの素敵な案が!!捻り出されたアイデア創出の経緯をご紹介。

 

 

★色々なコメント

『地域問題』備前市+α

・地元から出ていくからといって、その地元が嫌いというわけではないと思う。


・「地域に根差す」ということを強調しがちだと感じる。「岡山発のココシャネル」がいてもいい。ずっとそこにとどまる必要はない。


・子どもだけでなく、大人になってからこそ、どこで生きていきたいか選んで良い、と言われたい。

 

・ストレスや負担が少ない転校ができたらなあ。


・地元を離れることに対してのネガティブさを感じた。人が入ってくる岡山市の頑張りは何だろう。


備前市が好き。行政発信の教育大綱と過疎対策を比べ読みすると、過疎対策には教育のことが全然書いていない。

 

・やはり「海と備前焼」か。備前焼の店には入りにくい、目玉になる?備前焼の格式を大切にしているから?

 

備前市は美味しいものがいっぱいある。備前市には「生きた教材がたくさんある」からもったいないなと思う。備前焼も庶民の器じゃないわって思ったらもったいない。

 

・町全体が学校になるような企画はどうか。島根県隠岐の島は島全体が学校。素材を生かして島留学をしたりしている(が、地域を生かしているというより、都会モデルの実施をしている印象)。備前市なら生きた教材があると思う。

 

・あるべき姿を示しすぎず、もっと現実的なことを。何に力を入れるか、定まっていない感じがした。

 

・実感として施設が足りてるのに「道の駅作る」とは、、、。今あるもの大切にしようよって思う。

 

・「ビゼンさんちの畑のトマト立派なのに、なんで晩御飯に使わないの?って感じ」

 

・図書館思い切ったことをしてみては??全ての図書をデジタル化するとか。町じゅうが図書館ってのは、いいなあ。備前市は蔵書の数が少ない印象だが、図書の充実が求められているかどうかは不明。小学生・中学生が行ける近さにない。図書の充実ではなく、他のところに焦点を当てたらどうか。読み聞かせとかのコンテンツを挙げているところが面白い。

 


『お風呂問題』

実は気になることもあり。小さな老舗の銭湯、タトゥのこと、混浴年齢の話題、コロナの影響、なんでこの話題がパブコメに????などなど

 

『無電柱化』

・「景観と防災」のことを書いているけど。本当はなんのためにやるの?真備の復興?美観地区?

・多額のお金、とても気になる。電力会社の役員報酬が高すぎるという記事も見かけた。防災といえばなんでも通ると思うと怖い。

・電力をまだまだ送るのか。ちょっと前は「省エネ」を推奨していたけど、今は電力を大量生産するための段取りを探しているように感じる。無電柱化、マイクログリッド、オフグリッド、、、、私たちの生活に大きく関わっている気がする。

 

パブコメ

パブコメにかける基準って何なんだろう?

 

岡山市内の運動公園遊歩道。木のチップが敷いてあって歩くのにちょうど良かったけど、劣化したとのことで工事をしたら、全部アスファルトになってしまった。こういうことをパブコメで聞いてほしいなと思った。金額が関わっているのかな。

 

パブコメがどうゆうものなのか、イメージができてよかった。隣のひとの晩御飯に口を出すが面白かった。自分がコメントをすることの意味を考えた。

 

次回は、10月16日(土)19:00~20:30!

www.npokayama.org

f:id:yononaka-jsh:20210814110517j:plain
f:id:yononaka-jsh:20210907180451j:plain

 

 

 

 

 

10/17は「音韻と表記」!なんじゃそれ?   参加者大募集!

f:id:yononaka-jsh:20210922000133j:plain

今回の内容(一部 or 全体)のチューターも募集しています

この会のチューターは「ちょっと無責任で愉快な進行役」です

 

せっかく読んだし、気がついたことをひとまとめして喋ってみようかしら~

みんな大変そうだから、とりつく島を探して見ようかしら~

ちょっと毛の生えた素人を自慢してみようかしら~

なんか言いたいこと言ってみようかしら~

 

色んなスタイルのチューターを大募集中です!

 

 

国語の時間に居眠りこいてた人のための

『日本語のために』を、ちょびっとずつ読んでみる会

 

 第7章「音韻と表記」p241~316

 いろはうた 小松英雄

 馬渕和夫『五十音図の話』について 松岡正剛

 私の國語教室 福田恆存

 新村出の痛憤 高島俊男

 わたしの表記法について 丸谷才一

 

10月17日(日)13時半~15時半

オンラインとオフライン(若干名) 

要・実費+事前申込み

テキスト

 『日本語のために』(河出書房新社

  池澤夏樹個人編集 日本文学全集30

www.kawade.co.jp

f:id:yononaka-jsh:20210922000136j:plain

詳細については、下記まで

ヨノナカ実習室(担当スミ)

Mail ⇒ wassignol.297@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

月読の 光に来ませ  『万葉集』670

ワタクシの片恋の話です。

 

月読の

光に来ませ

あしひきの

山きへなりて

遠からなくに

    湯原王万葉集』巻四・670

 

「お月様の光をたよりにおいでになって下さいませ

 山がたちはだかって遠いというわけでもないのに」

 

 男を待つ女の立場を装って詠んでいる。

          伊藤博万葉集釈注』による

 

f:id:yononaka-jsh:20210921233131j:plain

湯原王は「ゆはらのおおきみ」、月読は「つくよみ」。月がカレンダーだったことを色濃く感じさせる。歌は、月見の宴で即興と考えられている。この後、その場にいた誰かが和した歌は、男の立場を取って「月読の光」に応えて「心の闇」を持ち出してくる。

 

 

月読の

光は清く

照らせれど

惑へる心

思ひあへなくに

   作者未詳『万葉集』巻四・671

 

「なるほど、お月様の光は清らかにそそいでいますが、

 千々に乱れる心の闇に先が見えなくなって、

 ふんぎりがつきかねているのです。」

 

伊藤先生の解釈は、恋心を詠い合う、宴席での当意即妙のやりとりを味わうべし、とのことであるし、ずっとそういうのが素敵だと思っていた。しかも湯原王、なぜ女のふりをするんだ?詠ったあとに「なんちって」とでも言うたのか?ああかっこいい、かっこいい、と思っていたのでありました。

 

ところが、今、「先が見えなくなって」「ふんぎりがつきかねる」という伊藤先生の訳に、思わず唸ってしまう。

30年後の中秋の名月の折に、こんなことが起きることを、先生は想像すら、、と思いかけて、湾岸戦争が勃発し、映像がテレビの画面に届いた時に、伊藤先生は憤怒のあまり倒れられたと聞いたことを思い出した。そもそも、前提として、月夜の宴に馳せる思いは、私なんぞとは全く異なる感慨であったに違いない。深い思索や、誠実すぎる人生を経た人間が古典の中に入り込んで語る言葉の地層には何があってもおかしくない。文学は百年先を見てしまう、とは恩師の言葉である。いずれにしても、人生が追いつかない。ここでマンガのフレーズから「狼に追いつかない」と連想するのが今の自分である。

 

 

結果、湯原王に、もう25年以上片思いである。

月の光、姿の見えない鳥の声、透明なもの、手に取ることの出来ないものの歌に魅了されてしまい、なんとか別の自分の言葉でそれを意味づけたい、説明してみたいと躍起になって、空回りしつづけた。

宴の歌だから、きっと声に出して詠じられたのだろう。どんな声だったんだろう。どんな語り口の人だったんだろう。女の声を真似たのだろうか、それとも誰か女の声を持つ人が隣で詠み上げたのだろうか。

忘れられない歌は、なぜか、一度で耳に入ってくる。

ツクヨミノヒカリニキマセ」は、現場で詠み上げられた時、場の人の耳を奪ったのではないだろうか。いい声だったに違いない、と根拠無く断定して、妄想を終える。

 

今日は、月を見ようと河原までトボトボ歩いたが、しばらく待っていたら雲のスキマに月が出てきた。ああ、こういうときに、誰か一緒に月を見る人がいたらいいなあ、と思ったら、こんなことを思い出してしまった。

私の推しは二次元ですらない、のであった。

 

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

 

はじめてのパブコメ報告+次回は9/15★参加者大募集中!

f:id:yononaka-jsh:20210814110517j:plain

8月パブコメの柱は、二つ!
大喜利」と「多数決のノリシロの辺り」

 

学校で民主主義を習った時のことを、皆さん覚えてますか?
「かなりメンドクサイ制度」
「多数決と、少数意見の尊重は必ずニコイチ

 

これを私は選挙権を得てから数年後に知りました。
独裁政治や多数決主義だと、スカッと決まることも、意見の異なる5人で相談すれば、均等に意見を取り入れても2割しか自分の意見は採用されません。

つまり自分の主張の「8割は没」になる。

これを知らないと、「誰もオレの言うことを理解してない」と、全員が8割分のエネルギーを不満に変換してしまう。

 

な、なんてメンドクサイんだ!?

それならむしろ素晴らしい王様が出てきて帝王主義バリバリに善政を行ってくれたらいいのに、、、

、、「衆愚政治」って言葉もあるし、、

、、と思ったことを覚えています。

 

 

実は、パブコメのポイントが、ここにあることに、最近気づきました。
パブコメは多数決ではない。

f:id:yononaka-jsh:20210907180451j:plain

当事者や専門家や担当者が一生懸命考えた末の、かなり練った後の素案を、いろんな立場の人が「見落とされていることはないか?」「困ってしまう弱者はいないか?」と探すことで、出来ることなら人の数だけ、異なる視点をお知らせすることで、素案がよりよいものになるお手伝いをする機会だと思うのです。

 

他の人と違うことに気がつくために、他の人と違うことを言うために、どういうスタイルがいいのかを考える中で、「大喜利」にたどり着きました。困ってる人を見落とさないようにキョロキョロしながら、いつもより少し無責任に肩の力を抜いて、やってみよう!大喜利

今回は参加者、スタッフなど合計8名で90分、いろんな視点を示唆していただくことができました。

 

大喜利その1
「個人情報(マイナンバー)の便利さ、心配ごと」
・住民票とるときに便利。漏れたら困る。
・将来保険証がなくても使えると便利。自分の好きなもの嫌いなものが外に抜けてしまう。
・市民側として、行政手続きが便利。困るのは、どこに渡っているかわからないこと。
・災害時の活用。DV被害者の保護。
マイナンバーに登録していないけど、生活に困っていない。ポイントがもらえるから、という流れに乗ることに抵抗感。良いも悪いもわからない。
・給付金10万、転居時の手続き楽になる。ほかの活用方法知らない。中途半端さも感じる。

 

 

大喜利その2
「笠岡のイメージ」
島嶼美・干拓地・六島・飛島ガーディアンズ・真鍋島の廃校のところ。宿泊した。
・福山と倉敷のベッドタウン
・水島も福山もあるから、就職先も豊富そう。
・温かい場所で育まれた優しい子どもたちが多いと聞いた。
・土地利用の計画を変更した?計画的に集まって暮らす方がよさそう。

「笠岡市都市計画マスタープラン」の一部見直し(案)に関するパブリックコメントの実施結果 - 笠岡市ホームページ

結果・・・パブコメは0通だったそうです。

 

 

参加者の皆さんの対話から

岡山県精神医療センター】www.pref.okayama.jp

・「入院医療から地域生活への移行、塀の中に押し込める医療から外へ」という取り組みを聞いたり映画を見たりした。岡山でも言われてたんだ!社会に放り出す形になってほしくないし、災害時などは障害、高齢、精神的に環境変化で動揺される方など、そういうときのチームをつくろうといいことが書かれているから、がんばってほしい。

・地域生活をすすめていくことはとても良いこと。遠隔治療のICT化を進めて、Online診療ができるのでは?精神疾患など、心のバリアフリー推進は、コロナ禍だからこそ。

 

 

笠岡市マスタープラン】

・われわれの中でホットな話題の「島」がそれほどトピックではないようだ、、、
福山市との連携についても、一文のみ、、、
・道路を強化するのか、パークアンドライドを強化するのか、電車の本数が減っているのを増やすとあったが、集約すべきかも。
コンパクトシティ地域活性化、、検証はまだ?。住むところを分けるというのは今暮らすところを失うということ。今あるところで生活していきたい人たちはどうするの??、、、他市と連携して住みやすい街づくりを進めていくのか、どうしていくのかな…。
・千鳥とカブトガニは欠かせない。島もある。隣の里庄町は藤井風も出たし。笠岡市の商店街発展にこだわらなくても、、、、

 

 

新型コロナウイルス感染症対策に係る予防接種事務に対する特定個人情報保護評価書】

・街中に引っ越してから、自分は個人情報に寛容になった。狭い共同体での窮屈さと違って、都市部で匿名性が高まったことで、個人情報見たところで、誰も知らないという状態なので寛容になった。

・ワクチンはすごくセンシティブなこと。が、いたるところでワクチンを打ったか否かを聞かれる。その場合にマイノリティになった場合、記録することは大事だが、それをどこまで使われて、マイノリティであることによって生じる不利益もあるかも。もやっとする。
・「任意である」ことを忘れずに、、差別につながらないように。
・二重チェックとあるけれど、人間はがんばってもミスをしてしまう。
・都市部では個人情報に寛容になる、、、おもしろい考え。
・この評価書はワクチンパスポートに使われるのか?海外旅行に行くときの証明書になるのか?

 

パブコメってさあ、、、】

パブコメを通じて自治体にアイデアを提案しても、タイミングなども含めて自治体にも出来ること出来ないことがある。

でも、パブコメは行政発信なので、普段から多様な学びを積み上げた上で、「足りない視点を考える」ことなら現実的。

それなら高校生なりの思い付きでもいいのかも。

提出したパブコメの意見がどう展開していくのか、人生の中で大事なことだとおもう。

(自分の意見を伝えて、試行錯誤していくという過程が大事だと思うから)。

この会では、出した結果を紹介してもらえるのが嬉しいし楽しい。その辺から取り組めたら良いと思う。

 

・マジョリティ側にいる人が、マイノリティの視点を考えたり、マイノリティの視点から意見を言うことも、パブコメのメリットだと気づいた。

 

・印象としては弁護士じゃないと評価書自体を評価できないんじゃないかと思った。

・どこにつっこめばいいのかがまったくもってわからない。

自分の読み方が下手くそなのか??これにご意見をと言われても、どう出せばよいのか、、、、、。

・よい取り組みなんだろうと思って読んでみるけど、勉強しないと、読み込めない。

・協力したいけど、行政からおりてきているものが、市民の声を聴きたいと思っているとは思えない感じに見える。

 

 

 

だからこそ、日本の間接民主主義では、こういう対話の時間が有意義だとしみじみ。
パブコメ提出後、意見も含めた「案」がどのように活用されていくか、前シーズンでも話題になりました。すこしずつ繋がりが見えてきたら、またおしらせします。

www.jinken-net.com

f:id:yononaka-jsh:20210907180505j:plain
f:id:yononaka-jsh:20210907180511j:plain

 

さらに、札幌市の「パートナーシップ宣誓制度」のパブコメ以降の展開は、弱者やマイノリティを行政がサポートする姿勢が明確に示された画期的な出来事と言えますが、見解の異なる人から見ると違和感のある取り組みである、という大発見もありました。

www.huffingtonpost.jp

【今回扱ったパブコメ

f:id:yononaka-jsh:20210907180459j:plain

次回は、9月15日!!

www.npokayama.org

愛生ヲ読ム 9/5(日)10:00〜

出張 愛生ヲ読ム

9月5日(日)10時から

黙々と、少人数で、読みます

参加希望の方、事前にご連絡ください

(ヨノナカ実習室まで  

 ✉︎ wassignol.297@gmail.com

f:id:yononaka-jsh:20210904013114j:image

 

「美は事実か趣味か」対話する哲学教室  9/23参加者募集中!

 

f:id:yononaka-jsh:20210825124737j:plain

「美しい人になったつもりダイエット」という

美しい人っっぽい振る舞いをすることダイエットを先日知りました。

 

松川えりさんの対話する哲学教室、第五回は「美」がテーマです。

 

テキスト「中学生からの対話する哲学教室」

9月23日(祝・木)13時~16時

定員 10名

参加費 2000円

*テキスト購入の方は1000円・持参の方は1800円

オンラインのみの募集です

 

申込み・問い合わせは、ヨノナカ実習室(担当スミ)まで

mail→wassignol.297@gmail.com

①参加者氏名

②住所

③電話番号

④テキスト購入予定

⑤参加スタイル(オンラインのみの募集になります)

 

f:id:yononaka-jsh:20210825125201j:plain

 

これまでの様子など

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com

yononaka-jsh.hatenablog.com